戦士マヤの危機


[MAYA]  制作 ROBA様



地下牢の鉄扉が開き、手足の枷を外された囚われの女戦士マヤは重い足取りで暁闇の闘技場へ曳かれていく。


マヤの胸は激しく騒ぎ、圧し潰されそうな苦しい予感で一杯だった。

ああ、また闘わねばならないのか。数百の敵兵からなる残酷な観衆の只中で、惨めな死が決まっている、辛い、地獄の死闘を…。

しかしマヤにはその悲惨な運命から逃れる手段はなかった。
敵軍の出発出陣を血で祝うためのいけにえとして指呼された悲運の美しい虜囚は、
しかも昼夜をおかず責めいたぶられた傷と血に彩られたままの、一糸まとわぬ素裸だった−−−。


名サイト「アマゾン・プリズン」のBBSで大反響を得た作品が、加筆改作して再登場!−−。


(1)囚われの戦士
 
(2)斎儀の贄 

(3)死の剣闘技 

(4)死線を越えて


メニュウページへ戻る