京子の生き方

昭和50年代後半の、都会の片隅で懸命に生きる、
美しい踊り子に降りかかった苛酷な
運命と、”転落”を描く。



第一章 木馬座
桂木京子は二十一歳、地方周り専門のストリップダンサー。その若さと
麗姿美貌に人気が集まる。しかし、彼女に課せられた演技は、
ベテランの踊り子も眉をひそめるような、過激なショーだった--。

その1  その2 その3  その4 その5 

その6 その7  その8 その9   その10


第二章 伝次郎という男
晩秋のA町での興行で一夜身を任せた初老の顔役に
気に入られた京子は、男の世評の悪さもあって、その懇請を断わったが、
、彼の身内との軋轢も重なって、その代償は彼女に重くのしかかってくる----。

   
その1 その2 その3  その4

その5 その6 その7 


 第3章 夜宴 
A町での興行が打ち上げた夜、京子は不審な電話で誘い出され、拉致される。
彼女が連れ込まれた場所は異様な夜宴の只中だった。そこで
京子が強いられた苛酷な試練の数々は、----

その1 その2 その3 その4 その5

その6 その7 その8 その9 その10

その11 その12 その13

  第四章 あずさ
働き盛りの平凡な企業家2世、32歳の得野康夫は、
ひょんなきっかけから街で知り合った美女がソープ嬢だと知り、
通い詰める内にも、抜き差しならない深い関係におちてしまうが---。

その1 その2 その3 その4 その5  

その6 その7 その8 その9 その10  

その11 その12 その13 その14

第五章 武道舘の中
伝次郎の館の奥深く幽閉された京子は
乾分たちに嬲りものにされつつ、ダンスの特訓に励む
二人の教師は京子の素質とその美しさに魅せられ、危険な計画を企む
第三章からの続き

その1 その2 その3  その4  その5

 
その6 その7 その8 その9 その10 その11

 第六章 一連托生、そして出発
ダンス教師の手引きで館から脱出を図り、失敗した京子。
地下室でのひどい折檻を耐えた彼女に重なる試練が--。

その1 その2 その3  その4 その5

第七章 快楽の船
巨大なスーツケースに閉じ込められた京子が見出した
新しい世界は、国際的な売春組織の管理下にある豪華客船の中だった。
多くの顧客たちに絶大な人気を博した京子だったが--。

その1 その2 その3 その4

第八章 あずさ その後

失踪したあずさをめぐって起こる不可解な事件
得野康夫もその火の粉から逃れることは出来なかった--

その1 その2 その3 その4

第九章 クイーン
脱走未遂の懲罰としての
船倉の地獄から抜け出した京子は、
宿敵のイヴォンヌと闘って勝ち、クイーンの座を得る。
最高位での日々を楽しむ京子の前に現れた意外な女は---。

その1 その2 その3 その4 その5

その6 その7

第十章 世界の果ての島
地獄の船から大洋へ飛び込み逃れた京子、
何とか孤島に泳ぎついたが、
彼女に再び訪れた危機。

その1 その2 その3 その4



ホームページへ戻